映像のプロになるなら専門学校へ

映像のプロになりたいと考えているならば、専門学校に進学すると良いでしょう。専門学校では、より作品が人の目に触れる事も多くなります。また、専門学校には業界とのパイプが深く、より専門技術を学べるため、将来映像で食べていきたいと考えている方にはよりおすすめです。では、専門学校では実際にどのような映像を学ぶことが出来るのでしょうか。映像といっても、様々なものがあります。ゲームで使う映像も専門学校で学べますし、アーティストのMVなどの撮影するための技術なども映像の専門学校で学べます。そこで、実際にCGなどを用いた映像が学べる専門学校では、どのような職業が目指せるのか見ていきましょう。

目指せる職業とは

  • 3DCGアーティスト
  • VFXアーティスト
  • モーションデザイナー
  • 映像クリエイター

映像専門学校ならではの就職パイプで業界プロになる

ビデオカメラ

就職を全力サポート

専門学校に進学する1番のメリット、それは業界への就職を全力でサポートしてくれる所です。入学当初から就職に向けて様々なサポートをしてくれます。また、就職支援の一環として、就職活動を控えた生徒たちに向け、業界の詳しい研究や試験の対策、実際の試験などに寄せた模擬試験などを行なう場も設けられています。さらに、人事担当者などを招き、キャリアについて考える機会を得るプログラムも用意されているでしょう。年に数回、作品のプレゼンテーションを行なう審査会も開かれます。ここでは、企業の担当者にダイレクトに自分の作品をアピールすることが出来るのです。作品の評価が高い学生は、そのまま内定を貰えるという思わぬ出来事もあるかもしれませんよ。

映像専門学校のカリキュラムとは

3DCGの映像などが学べる専門学校では、現役のプロが講師となった授業を受けることが出来ます。また、15人からの少人数クラスで学ぶ事が出来るでしょう。それに、専門学校というだけあり設備も整っているので、その設備を使い、実習も出来ます。授業内容も主に実習が多くなっているので、より就職を意識した授業を受ける事が叶うのです。企業などと連携した授業や、他学部のメンバーとチームで制作を行うなどのプログラムも組まれている学校も中にはあります。

専門学校の選び方

映像専門学校は、色々な所がありますので、選び方も分からないものですよね。でしたら、学校を決める前にオープンキャンパスに行ってみると良いでしょう。オープンキャンパスでは、実際の授業を体験することが出来ますので、より自分がその学校に通っているビジョンが見えてくるはずです。また、学費が心配な場合は学費サポートがあるかどうかをオープンキャンパスの後などに行われる学校説明会などで確認してみるとより学校選びの指標になりますよ。さらに、映像専門学校であれば、実績もよく確認しましょう。どういった企業に就職しているかを確認すると、自分の夢が叶うかどうかが分かると思います。

広告募集中